肩こりの体操、養生法

肩こりの方は以下の養生を守って快適にお過ごしください。

治療に来られない方でも、継続することで効果が出てきます。

(1)肩こり体操(1)

(2)肩こり体操(2)

(3)肩こり、五十肩を招く寝方とは!?

(4)目の疲れを解消する体操
(目が疲れる方は行ってください)

桜鍼灸整骨院木川東ー院長ブログへ >>
日々の治療のことや健康になる方法など、分りやすく掲載中しております。
こちらも是非ご覧ください。