6 症状別

ぎっくり腰は、「魔女の一突き」とも言われて、急に動けなくなることが特徴です。

ぎっくり腰の患者様は多く来院されますので、いつも原因を伺うのですが、「下のものを取ろうとして前かがみになったとき」、「うつ伏せから起き上がろうとしたとき」、「くしゃみをしたとき」など、健康な人がしても痛める原因にはならないようなものがほとんどです。

要するに実際にぎっくり腰になった動作は引き金にしかすぎず、本当の原因は腰の疲労の蓄積です。

よくある原因は以下です。
(1)座りっぱなしの仕事で腰の筋肉が硬くなっていた

(2)前かがみで重いものを持つ・運ぶなど腰を無理に使い過ぎた

(3)寝不足で腰の疲労回復が不十分

(4)下肢の冷えから腰の筋肉に緊張が起こる

(1)腰の筋肉はじっとしていても柔軟性がなくなり硬くなる特徴があります。
肉体労働の方だけでなく、デスクワークの方も日頃から適度な運動をするなどして腰が硬くならないように予防をされると良いと思います。

(3)ぎっくり腰が頻繁に起こる方や慢性腰痛が治らない方は睡眠時間が足りていない可能性があります。
腰の筋肉は立っていても座っていても身体が前後に倒れないようにいつも働いてくれています。
横になり休んでいるときだけ腰の筋肉は休養できる訳です。
睡眠時間を6~7時間ほど取り腰の筋肉の疲労をきちんと取るようにしましょう。

(4)下肢の冷えからも腰に症状が出る場合があります。
女性の方に多く見られます。
冷え性の方は腰痛予防として足元を冷やさないように心がけることも大切です。
靴下を2枚履いたり、ときどき半身浴や足湯をするのも効果があります。

当院では、ぎっくり腰には鍼通電療法をお勧めしております。
鍼通電療法とは、鍼を刺して鍼に電気を流す方法です。
もちろん他の治療方法でも回復しますが、鍼が一番早く治ることが多いです。

まず、お話を伺い、お身体を触らせて頂いて、鑑別をします。

ぎっくり腰の場合は、まず身体の動きの悪い筋肉に鍼を刺してから、鍼に電気を流します。

鍼が初めてという方もおられるので、「痛くないですか?」とよく聞かれますが、髪の毛ほどの太さの鍼を使っておりますので、痛みはほとんど感じません。

「痛くなくてトントンと電気を感じるところで教えてください」と言ってから鍼に電気を流していくのですが、おもしろいのはだいたいの方はかなり強い電気量で「はい」と言われるところです。

硬くて動きが悪くなっている筋肉が鈍感になっているためだと思います。

腰の痛みが取れてくるに従い、電気量も「強い」から「普通」に戻ります。

昨日来られた初診の方も
「1回の治療で痛みが9割治った。」「助かりました。」
ととても喜んでくれました。

人間の身体は生ものですので、必ず効果が出るという保証はでき兼ねますが、3人に1人くらいは動けなかった方が元気でピンピンになって帰られます。1回で治らなくても治る早さが早いように感じます。

頻繁にぎっくり腰になる方は、日頃からぎっくり腰にならないように予防に努めてください。

ぎっくり腰になった場合はすぐに治療にいらしてくださいね。

先日、2歳の男の子が左腕が痛いとのことで、当院を受診されました。

原因を聞いてみると、寝転んだ状態でお母さんと腕を引っ張ったりしてじゃれていたときに腕が痛いと言い出してそれから左手を動かしたがらないといった感じだそうです。

ちなみに小児の怪我で、転けて手をついて、肘の周辺が腫れている場合は注意が必要です。
肘の骨折(顆上骨折、外顆骨折、内顆骨折)の疑いがあります。
この場合は、まず病院でレントゲンを撮ってもらう必要があります。

この男の子の場合が、見た感じ腕が腫れている感じはありませんでした。
症病名は、肘内障(読み:ちゅうないしょう)と言って肘の靭帯の亜脱臼です。
当院で即座に整復(外れている靭帯を元に戻しす治療)してその場で痛みがなく動かせるようになりました。
治療はこの1回で終了です。
後遺症の心配もありません。
ちなみに小学生になる頃には靭帯がしっかりしてきますので肘内障が起こることはなくなります。
治療者は子供さんの肘からクリック音(整復がうまく行ったときに手に伝わる「コリッ」とした音)を感じますので、その場でうまく調整できたかどうかがすぐに分かります。
私も今まで10例以上は整復していますが、うまく入らなかったということは1回もありません。
とても簡単な治療です。

肘内障を防ぐポイントをお教えしたいと思います。
小さなお子様と接する機会の多い方は是非覚えておいてくださいね。

肘内障は小指を上にして捻った状態で腕を引っ張ることで起こります。
親指を上にした状態であれば引っ張っても肘内障にはなりません。
なので、子供さんの腕を引っ張るときは必ず親指を上にした状態で引っ張ってあげてくださいね。
このことを分っていれば、怪我をさせるリスクを減らすことができます。

もし、子供さんが痛みを訴えられたときは、すぐ当院にいらしてください。
肘内障であれば、1回の治療で完治します。

糖尿病についてお話します。

糖尿病は血糖値が上がりっぱなしになり、下がらなくなる病気です。

膵臓のインスリン(※)というホルモンが不足することにより起こります。
(※)インスリン:血糖値を下げる働きがあります。

症状が進むと視力を失い失明してしまったり、腎不全になる方もおられます。

糖尿病と聞くと一般には恐い病気という認識が少ないように思いますが、実は命に関わる恐い病気で、決して侮ってはいけません。

ちなみに整体的に考えると、糖尿病は病気ではありません。

「糖尿病体質」という風に考えます。

骨盤が開きやすく、栄養の吸収が良い体質です。

要するに普通の人が10食べたものを5吸収するとしたら、糖尿病体質の方は7~8くらい吸収してしまうと思ってください。

要するに消化器が強いんです。

一昔前のように食べ物がない時代であれば「吸収が良いことで身体が強い人」でむしろメリットがあった訳ですが、今の飽食の時代に生きると食べ過ぎて身体を壊しやすい人ということになってしまいます。

消化器が弱い人は、食べ過ぎても下痢をしたりして吸収しませんし、疲れが溜まると食欲が無くなります。

糖尿病体質の方はこの反対で、食べ過ぎても食べた分だけ吸収してしまいますし、あまり下痢はしません。疲れが溜まると異常な食欲が出る・ついつい過食してしまうタイプの方が多い。

治療で大切なことはいろいろありますが、まずは開きっぱなしになった左の骨盤に動きを付けた上で、きちんと骨盤を締めることです。

左の骨盤が締まることで異常な食欲を抑えることができます。

背骨のポイントは胸椎7番の左1側(膵臓)、胸椎4番の右3側(胆のう)、胸椎9番の右3側(肝臓)は反応がでやすくみておいた方が良いと思います。

胸椎7番の左1側:肩甲骨を結んだ線の上にある骨の出っ張りのすぐ左の骨沿い。
胸椎4番の右3側:肩甲骨の一番狭い所(胸椎3番にあたります)の一つ下の骨の出っ張りの外指3本のところ(経絡でいうと膀胱経2行線上)
胸椎9番の右3側:肩甲骨を結んだ線の2つ下にあたる骨の出っ張りの外指3本のところ(経絡でいうと膀胱経2行線上)

1側、3側は虚の異常ですから触知した感じはぬめっとしています。

治療の反応が良い患者様はまず異常な食欲が抑まりますし、食べ過ぎたら身体がしんどくなってくることが分かってきます。

これも糖尿病体質の方の特徴ですが、多くの場合、身体のサイレン(痛みや異変を感じる信号)に「鈍感」です。

「膝が腫れて熱を持って水が溜まってからやっと痛みに気が付いた」とか「気が付いたら痛くて腕が上がらなくなってしまっていた」とかかなり病状が進まないと身体のサイレンがならない。

もっと早い内に痛みのサイレンがなっていたら、じっとしていてひどくなる前に安静にして痛みを治せたかもしれません。

重症化してから気付いて来院されるので、治るのも少し時間を要します。

このようなことが割とよく起こるように思います。

整体や鍼灸治療は血流を良くして身体を敏感にします。

糖尿病に限りませんが、一番理想的なのは「身体が敏感でサイレンがなっていない状態」です。

「敏感な身体にする」ことで元気で長生きできます。

例えば、治療を受け始めて1ヶ月(H25年4月の事例)の糖尿病の患者様の血液データが大きく改善しました。

糖尿病の値である血糖値、HA1Cはまだ正常値ではありませんが、共に下がりました。

他に異常があった肝機能の数値と中性脂肪の数値が共に正常値に改善。

他にもデータがいろいろよくなっていたそうで、お医者さんに「何かしているの?」と聞かれたそうです。

ちなみにこの方は治療に併用して食事指導もさせて頂いております。食事指導も併用した方が早く効果が現れます。骨盤を締めておくと食欲を抑えられますので、苦痛なく食事療法も行えます。

当院では、食事療法の指導料を頂いたり、高価なサプリメントを販売したりというようなことはしておりません(頂くのは治療費のみです。)

糖尿病や血糖値が気になる方は、安心してご相談下さい。

パニック障害は、電車に乗れなくなったり、トンネルに入れなくなるなど強い不安感に襲われる病気です。

パニック発作が一度起こると「また起こったらどうしよう」という恐さのあまり電車に乗れなくなったり、トンネルに入れなくなったりします。

一般的には、精神の病気と考えられているパニック障害も整体的な見方をすれば背骨と骨盤の異常が原因です。

まず大抵の方は、右の骨盤が下がることによって副交感神経の働きが悪くなっています。

副交感神経の働きが低下するとリラックスできない身体になります。

典型的なケースであれば、パニック発作が起こる前から眠りが浅くなったり、食欲が無くなったりしていることも多いです。

傾向としては、(1)頭で良く考える人(社長さんなど)、(2)どちらかと言えばスマートな人(骨盤が締まって落ちやすい傾向がある。ただ肥えている方でもパニック障害になることはあります。)、(3)気まじめな人に多い。

上記(1)~(3)のいずれかに当てはまるタイプの方に精神的なストレスがかかり過ぎることによって起こる病気だと認識しています。

治療もまずは、「右の骨盤を上げて副交感神経の機能を回復させる」ことが重要になってきます。

右の骨盤を上げる調整は右の外くるぶしのポイントや右のアキレス腱にあります。右のふくらはぎからアキレス腱の中央にかけて縦にギターの弦がピンと張ったような感じがあり、触ってひびく感じや痛みがあればそこは調整点になります。

あとは胸椎8番の左1側(※)の異常を調整します。
(※)胸椎8番の左1側:左右の肩甲骨の下を結んだ線のすぐ下の骨のとがった部分(棘突起)のすぐ左外。

ここはパニック障害の急所になっている場所です。

他には、頭部の緊張を取るために頭部の調整点も用いることがあります。

週に1回の治療で1~2ヶ月ほどで改善される方が多いです。

効きが良い方は2回で電車に乗れるようになった方もおられました。

当院の整体(二宮整体)では、パニック障害の治療と予防がピンポイントでできます。

パニック発作が出る方はもちろんのこと、心配な方や前兆がある方もご相談ください。

腰部捻挫(いわゆる「ぎっくり腰」)、変形性腰椎症、坐骨神経痛、腰椎椎間板ヘルニア、梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)、腰椎分離・すべり症、骨粗鬆症など種々の病名があります。

腰痛の原因は、骨や筋肉の異常に基づくものが多いです。
生活習慣や過ごし方に問題がある場合も多く見受けます。
(1)睡眠不足
(2)長時間の座りっぱなしや立ちっぱなし、
(3)冷え(血流障害)
も大敵です。思い当たる方は生活の見直しが先決です。

治療に通っておられる方は、治療を受けながら身体の状態に合わせて以下の運動をされるとより早く改善します。
治療に通っておられない方も、継続することで症状が軽快・改善してきます。

   タイプ別に分けた腰痛 ~鑑別法と対処法~

(1)伸展型腰痛  (腹筋運動、膝抱え込み運動)

(2)屈曲型腰痛  (背筋運動)

(3)睡眠と腰痛の関係

(4)レントゲンやMRIで異常がある場合の対処

桜鍼灸整骨院木川東ー院長ブログへ >>
日々の治療のことや健康になる方法など、分りやすく掲載中しております。
こちらも是非ご覧ください。

Q,「腰が痛いときは腹筋をしたら良い」○か×か?
A,腰痛のタイプによって違います。
  腰の反りがない人が腹筋ばかり強化すると益々腰が丸くなり
  バランスを崩して痛みが出ます。こういうタイプの方は背筋を
  鍛えてあげる必要があります。
   逆に腰が反り過ぎている方。背筋ばかり鍛えると腰の反りが
  きつくなり筋肉や神経を痛めます。腹筋やおなかを抱え込むような
  ストレッチをしましょう。

ここからは、このような内容を少し詳しく書いてゆきます。
自分の体を良く知り、身体に合わせた対処をしましょう。

腰椎の前後の反り方で(Ⅰ)伸展型と(Ⅱ)屈曲型の2タイプに分けられます。
はっきりと鑑別できる方とそうでない方に分かれます。
はっきりと鑑別できない方は、鑑別できないこと自体が悪いということではありません。
(むしろ腰椎の前後の反りについては正常な場合が多い。)
はっきりと鑑別できない場合は(Ⅰ)と(Ⅱ)の対処法をバランス良く行ってください。

伸展型腰痛

(Ⅰ)伸展型腰痛
・中年太りでお腹が出っ張ってしまった。
またはヒールをいつも履いている。

→腰椎の前への反りが強すぎて(腰椎の前弯増強といいます)
伸展型腰痛の恐れがあります。

[症状]
腰を反らした時に骨の中心辺りに痛みがある。
痛くて反らすことができないなど。

これは腰が自然な姿勢の状態で反っているために、
反らすことにより更にきつく彎曲して痛みが出るということです。

[対処法]
痛みが強い場合は、整骨鍼灸院や病院で治療を受けてください。
腰痛のタイプによって対処の方法も変わりますので。

痛みが軽い場合は、腰椎の前弯を少なくするように
「腹筋」と「膝抱え込み運動」をされると効果があります。
患者様にも治療と併用してご指導しています。
3分ほどでできますので、毎日継続してください。

腹筋:仰向けの姿勢から膝を90度に曲げて
   足を着けた状態で行ってください。
   (1)決して反動を付けないで息を吸いながらゆっくりと
      おへその辺りをみながら少しだけ上体を起こします。
   (2)少しだけ上体を起こしたら、そこで3秒ほど止めます。
   (3)息を吐きながら、ゆっくりと上体をもとに戻します。   
    ※腹筋をして痛みを伴う場合は、中止してください。
    ※うまくできない方は首をアゴにつくように曲げて、
     お腹を使っていない方が多いです。
     手はお腹において、首は動かさずに
     お腹を丸めるように行ってください。
腹筋_R.jpg

膝抱え込み運動:仰向けの姿勢でお腹の前で膝を抱え込みます。
        背中から腰の筋肉のストレッチなので、
        10~30秒ほどかけてゆっくりと行ってください。
        ※痛みを伴う場合は、中止してください。

屈曲型腰痛

(Ⅱ)屈曲型腰痛

・猫背、またはいつも前かがみの悪い姿勢で歩いている。
→屈曲型腰痛の恐れがあります。

[症状]
背筋のような「腰を反らす」動作ができにくくなります。

他人に見てもらうとうまく腰を反らすことができていない。
症状が進んでいる人は座っている状態でも背骨が後ろに出てきて、
背もたれの硬い椅子に座ると腰の骨が当たって痛かったりします。
背筋の弱化や不良姿勢によって腰椎の前弯が減少してしまった状態。

(※)鑑別のポイントを復習
   屈曲型と伸展型の鑑別のポイントは、まず自然の姿勢です。
  お尻が出っ張っている(伸展型)のか引っこんでいる(屈曲型)のか。
   共に反らすことが困難な場合が多いのですが、
  伸展型の場合は腰骨の中心部に痛みがあって反らせない。
  屈曲型の場合は自分では反らしているつもりでも、傍から見ると
  腰の反らす動作がうまくできていない(反っていない)ところがポイントです。

[対処法]
痛みが強い場合は、整骨鍼灸院や病院で治療を受けてください。
腰痛のタイプによって対処の方法も変わりますので。

痛みが軽い場合は、腰椎の前弯を作るように
「背筋運動」をされると効果があります。
患者様にも治療と併用してご指導しています。
1~3分ほどで結構ですので、毎日継続してください。

背筋運動(ステップ1);うつ伏せの状態から床に手を付きます。
            ゆっくりと肘を伸ばしながら腰、背中を
            意識して反らしてゆきます。
            慣れてくれば、手の力をゆるめて腰と背中の
            力を使って反らしてゆきます。
            ※背筋運動をして痛みを伴う場合は、背筋運動を中止してください。
            ※背筋運動(ステップ1)が痛みなくできた方のみ
             背筋運動(ステップ2)を行ってください。
背筋運動(ステップ1)_R.jpg

背筋運動(ステップ2):うつ伏せの状態から手は頭の後ろ辺りに持ってゆきます。
            反動をつけないでゆっくりと腰、背中を反らせます。
            ※背筋運動をして痛みを伴う場合は、背筋運動を中止してください。

※背筋運動をして痛みを伴う場合は、中止してください。
※背筋運動(ステップ1)が痛みなくできた方のみ背筋運動(ステップ2)を行ってください。

桜鍼灸整骨院木川東
大阪市淀川区木川東1-10-32
シャトーセレニティー102
tel: 06-6718-5537
最寄り駅:西中島南方,十三


(IEをお使いの方)

(Firefoxをお使いの方)

★院長ブログへ
院長ブログもご覧ください。治療や健康情報など分りやすく掲載中!


交通事故治療ナビ認定−おすすめ優良サイト