5 子供の腕の怪我

先日、2歳の男の子が左腕が痛いとのことで、当院を受診されました。

原因を聞いてみると、寝転んだ状態でお母さんと腕を引っ張ったりしてじゃれていたときに腕が痛いと言い出してそれから左手を動かしたがらないといった感じだそうです。

ちなみに小児の怪我で、転けて手をついて、肘の周辺が腫れている場合は注意が必要です。
肘の骨折(顆上骨折、外顆骨折、内顆骨折)の疑いがあります。
この場合は、まず病院でレントゲンを撮ってもらう必要があります。

この男の子の場合が、見た感じ腕が腫れている感じはありませんでした。
症病名は、肘内障(読み:ちゅうないしょう)と言って肘の靭帯の亜脱臼です。
当院で即座に整復(外れている靭帯を元に戻しす治療)してその場で痛みがなく動かせるようになりました。
治療はこの1回で終了です。
後遺症の心配もありません。
ちなみに小学生になる頃には靭帯がしっかりしてきますので肘内障が起こることはなくなります。
治療者は子供さんの肘からクリック音(整復がうまく行ったときに手に伝わる「コリッ」とした音)を感じますので、その場でうまく調整できたかどうかがすぐに分かります。
私も今まで10例以上は整復していますが、うまく入らなかったということは1回もありません。
とても簡単な治療です。

肘内障を防ぐポイントをお教えしたいと思います。
小さなお子様と接する機会の多い方は是非覚えておいてくださいね。

肘内障は小指を上にして捻った状態で腕を引っ張ることで起こります。
親指を上にした状態であれば引っ張っても肘内障にはなりません。
なので、子供さんの腕を引っ張るときは必ず親指を上にした状態で引っ張ってあげてくださいね。
このことを分っていれば、怪我をさせるリスクを減らすことができます。

もし、子供さんが痛みを訴えられたときは、すぐ当院にいらしてください。
肘内障であれば、1回の治療で完治します。

桜鍼灸整骨院木川東
大阪市淀川区木川東1-10-32
シャトーセレニティー102
tel: 06-6718-5537
最寄り駅:西中島南方,十三


(IEをお使いの方)

(Firefoxをお使いの方)

★院長ブログへ
院長ブログもご覧ください。治療や健康情報など分りやすく掲載中!


交通事故治療ナビ認定−おすすめ優良サイト